キャッシングカード審査でみられるポイント

キャッシングカードローンの申し込みには、キャッシングカード審査があります。
審査に通過しなければ、融資を受けることはできません。

ただ、年収が高いからできる年収が低いから融資ができないというだけで
判断しているのではなく、年収がいくら高くても返済能力があるとは限りません。
年収が低くても、毎月コツコツきちんと返済をしてくれるという人もいます。

審査ではどういった点をみられる?

では、キャッシングカード審査ではどういった点がみられるのかというと、
一般的に言われていることは、信用情報、総量規制、スコアリング、
勤務先の在籍確認などです。細かいところでもっと審査する項目はあるのですが、
キャッシングカード審査に大きく影響するという点でいえば、以上の4つになります。

信用情報

まず、信用情報は返済能力があるかどうか他社での取引状況を
確認するために行います。ほかの金融機関で、延滞をしていたり
過去に債務整理をしたことがあるというと、
すぐにその事実が信用情報機関に問い合わせることで判明します。
こういった情報が登録されていると融資を受けることはできません。

総量規制

総量規制は、年収の3分の1以下に融資額が制限されることです。
すでにぎりぎりの金額で借りている、オーバーしている場合は
これ以上借りることができません。

スコアリング

そして、スコアリングです。
これはキャッシングカード審査を自動でしてくれるシステムで、
このシステムにより最適で安心なキャッシング限度額を算出してくれます。
瞬時に結果がでるので、審査スピードが速いのもこのためです。

在籍確認

在籍確認は現在勤めている会社に電話をかけて、会社に在籍しているかを
確認します。この在籍確認は本当に勤めているかをチェックしています。
キャッシング会社の名前ではなく個人名で電話をするので、会社にキャッシングが
ばれる心配はありません。