キャッシングの限度額について

クレジットカードを所持している方は非常に多く見られますが、
同じ会社の同じ種類のカードを所持している同士においても、
そのカードで利用出来るキャッシングの限度額に差異があります。

どうしてこのような状況が起こるのかと言うと、勿論カードを所持している者の
希望でも限度額は変更出来るのですが、カードを所持した際に決定される金額が、
所持する者の社会的信用度により差異が生じる為です。

信用度によって、キャッシングの限度額は異なる

この場合の社会的信用度というのは、「職業」と「年収」になります。安心キャッシング申込にのっている最大手のキャッシングサービスを比較すると限度額はだいぶ開きがあるように見えます。少ないところだと300万、多くて1000万という上限の限度額を設定しています。サービスで上限の限度額があるからそこまで借入できるのではなく各々借りる側のスペックが信用として見られるわけです。
要するに、借りたお金を決められた日までにきちんと返す能力があるかという事です。
さらに、他に借金やその延滞などの有無も考慮されます。

社会的信用度の高い公務員や上場企業の社員は信用度が高い

よって、公務員や一部上場企業に勤める方は極めて社会的信用度が高いという事になり、
キャッシングでクレジットカードを利用する際も大きな金額を借入する事が可能であり、
そしてその限度額を引き上げる事も容易です。

アルバイト、パート、学生、主婦などは信用度が低くなる傾向

逆に、アルバイトやパート、学生や主婦などは定職に就いている訳ではなく、
安定した収入も見込めないので社会的信用度が低く、
キャッシングを行おうとしても限度額が低く設定されており
高額の借入が出来ないようなシステムとなっています。

自分の収入に見合った借入が大事

一口にキャッシングと言っても、借入可能の金額は個人で変わります。
借入られる金額が低く嘆かれている方も居るでしょうが、
それは今借入可能の金額が、自分の身の丈に合ったものであるという
解釈をするべきででしょう。
過剰な借入は身を滅ぼします。自分に適合した借入を行いましょう。